他の種類や方法と大差はない家族葬の考え方

家族葬もかなり浸透するようになり、多くの人が知ることとなってきました。密葬といわれていたこともありますが、一般の参列者を断るといったことから呼ばれていた名称です。種類としては同様の内容を指していますが、火葬や一日葬と何が異なるのかといった明確な線引きはありません。一般葬とは異なるといったところに共通点がある程度です。

家族葬の特徴として考えると、できるだけ小さくコンパクトにしていくというのがポイントになってきます。小さくまとめることによって、費用をできる限り抑えられるというのはメリットになってくるでしょう。実際に大幅に安上がりになるのかといえば、そこまでならないことも出てきます。ですが、一般のお葬式の形式よりは、少ない費用で済ませられ、余計な気を使わないといったことは間違いありません。

特徴として考えると、参列者をお断りすることになるため、接待にかかる費用が削減できるだけではなく、気も遣わないで済むようになります。その一方で、参列者が少なくなるため、香典の収入が減るのがデメリットです。遺族側の出費が大きくなるというデメリットをどうするのかといった問題を考えておかなければいけません。どの種類にしても、故人との別れの時間を接待で費やしてしまうようなことがなくなります。身内が中心となってくるため、参列者の予測もしやすくなるでしょう。これが大きなメリットで、無駄な出費を発生させません。香典が増えても、必要のない出費がかさむと、かなりのロスになってくるでしょう。人数の把握ができることは、お葬式としてはとても重要になってきます。

ただし、どの種類にしても、周囲が理解してくれない可能性は出てきます。一般のお葬式とは異なる方法となってくるからですが、十分に配慮をして対応を進めていかなければいけません。参列できなかった方が、後日自宅にくることもあるでしょう。その時には、改めてお礼をするとともに、対応できる準備を整えておくと安心です。社会的なつながりという部分でも、十分にカバーすることもできますし、ご理解もいただけるようになるでしょう。