家族葬の種類になる一日葬

家族葬としても行われることがあるのが一日葬です。種類として考えても、発想としてもかなり近いものになってきます。一日葬とは、すべてを1日で終わりにするスタイルです。1日で終わりにするということでは、直葬よりは時間があることから、お別れの儀といったことも執り行っていくことになります。ワンデーセレモニーといった言い方をしているところもありますが同じ方法です。

一日葬の発想のもとは、2日では負担が大きいといったところにあるでしょう。家族葬の種類として考えれば、告別式だけを近親者のみでおこなうところにあります。1日だけですので、スケジュール的に合わせにくいことも出てくるため、無理をしないようにしていただくという意味も持っているでしょう。お葬式ということでは、通夜だけに参列するのが一般的になりました。仕事との兼ね合いもあるからですが、そもそも通夜を行うこと自体が遺族には負担になってきます。

金銭的な部分もあるのは間違いありません。時間が絞り込まれることによって、肉体的負担はかなり少なくなります。こうしたかたちが増えてきたのは、大都市圏でのことです。宗教的な意味を考えると、都市部ではどんどんと希薄になってきているのは間違いありません。2日も行う意味を考えると、家族葬のようなかたちであれば、余計に短縮するべきといったところもあります。

問題点としては、時間が短くなったからといって、僧侶のお布施が半分になることはありません。場所を借りる費用は下がりますが、これも葬儀社によって違います。セットになっている場合には、あまり違いがないでしょう。通夜に関する部分ではかなり減らすことができるため、半分になったりすることはないのを理解しておかなければいけません。家族葬としても、一体なにをなくすのか、イメージを持って対応しなければいけないでしょう。葬儀社によっても執り行う内容に違いが生まれてくるのは、家族葬と同様で決まった形がないからです。サポートを受けていくことがスムーズに進めるポイントにもなるのですから、細かに打ち合わせをしていくのが重要です。