家族葬の種類に近い直葬

一般的な家族葬と比較される種類のお葬式して出てくるのが直葬とも呼ばれる火葬式があります。火葬だけを執り行う方法であり、宗教的な色を排除することができる方法です。通夜もお葬式も告別式も存在しない方法で、他の人をお呼びする場所自体がなくなります。

家族だけで見送るといったスタイルに近い方法です。葬儀費用をかけたくないといったことから、宗教的な儀式はおこないたくないといった理由があげられますが、お葬式は別の場所でおこなうため、火葬だけをおこなってしまうという選択も出てくるでしょう。都市部では、一般的な家族葬と同様に、あまりに手間をかけたくはないといったことから、同様に扱われている種類でもあります。

直葬の場合には、遺体の安置を考えなければいけません。コンパクトにすることはできても、実際に亡くなってすぐに火葬にすることができないからです。法律上、亡くなってから24時間は火葬ができないことになっています。単純に翌日以降になってしまうことだけではなく、火葬場の状況にも影響されることになるでしょう。そうなると、時期によっては数日間待たなければいけないことも出てきます。安置できる場所を考えておかなければ、いけなくなるのは、病院では安置してくれないからです。自宅にするのか、安置施設を借りるのか、さまざまな選択をしていかなければいけません。そうなると、家族葬と同様に、ある程度事前に決めておく必要が出てくるでしょう。

宗教的な部分を省くためにおこなうのであれば、あまり問題はありませんが、費用だけのために直葬を考えるのであれば、埋葬場所との関係も考えなければいけません。菩提寺がある場合には、その宗派に則った方法を取らなければ、埋葬を拒否されることもあるからです。最後に火葬場での読経だけはお願いするといった対処も考えておけば、トラブルにならないようにすることもできるでしょう。家族葬の考え方として、コンパクトになる方法です。最後の瞬間も家族で見送ることになるのですから、事前にある程度決めておくようなことも考えておくと心配がありません。